Breams Blog

Dreams Blooms

自我を捨てよ

日本の高額納税者である、斉藤一人さんの本を読んでみたところ、面白い話しが書かれていた。

その内容とは、「困った事は起こらない」というものである。

簡単に説明すると、人生には、本当に困るような出来事は起こらず、全ては本人の捉え方次第であるという内容である。

つまり、一見すると不幸な出来事であったり、困ったような出来事と思えるような出来事でも、見方を変えたり、つきつめて考えてみると、何にも問題が無いという事だそうだ。

早い話が、「悪い出来事は全て気のせい、全部何とかなる」という事だろう。

私はそう解釈している。

 

近頃の私は、ほんの少し、自我というものについて勉強をしていた。

自我というのは、あなた自身が自分に対して「俺」「僕」「私」として認識している意識の事だ。

この自我というのは、別名「エゴ」等と呼ばれたりもする。

そして「エゴ」とは、エゴイスティック(egoistic)、またはエゴイズム(egoism)の略でもあり、意味としては自己中心的、利己的といった意味になる。

まあ、こんな事は説明するまでもなく、あなたもご存知かとは思う。

 

さて、我々人間は、人生という舞台の中でたくさんの困難や苦難を経験する。

仕事であったり、家庭の事であったり、恋人の事であったり、金銭面であったりといった具合だ。

誰しも何かしらの事情というものを抱えているものである。

しかし、近年の日本では、そのような困難や苦難を乗り越えられない人が増えているのではないかと思う。

でなければ、ニートや引きこもり、鬱病なんて人達がこんなに増える事も無かっただろう。

ニート、引きこもり、鬱なんて言葉は私が高校生くらいの頃まではほとんど耳にしなかったが、高校卒業後、しばらくしてからやたらと話題が持ち上がるようになった。

 

かくいう私もそんなに強い人間ではないし、むしろ自分の事を甘ったれの駄目男だと自認している。

自分の能力の低さに辟易し、挫折を何度も経験した。

 

昔、勤めていた会社の上司に、「お前は自分に甘い」と直接言われた事がある。

その上司は、30代前半で会社の役員まで登り詰めた人である。

普段は適当なジョークを飛ばしたりしてふざけたりしているが、仕事モードになると別人みたいに厳しくなる。

まあ、ちょっと変わった人ではあったが、その人が私に言った事は正しいし、正面切って指摘して頂けたのは有り難かった。

そして、厳しい面は確かにあったが、一緒に焼肉や、お風呂にも連れて行ってくれ、とても可愛がってくれた。

 

その人からの指摘があってからというもの、私なりに地道ながらも、自分との付き合い方をずっと考えながら生きてきた。

その結果が一日一食や断食、ミニマリスト、禁欲に繫がっているのかもしれない。

正直、側から見ると極端な事をしているように見えるのかもしれないと考える事もあるが、私はそんなに極端な事をしているつもりはない。

一日一食、断食、禁欲、ミニマリスト生活、これらをスタートしてから、かれこれ2〜3年が経過している。慣れてしまえば至って当たり前の生活になる。

 

話が逸れてしまったので戻すとしよう。

さて、困難を乗り越えられない人が増えていると書いたが、そもそも困難なんてものは乗り越えようとしなくても良いのである。

そもそも、何故困難や苦難があなたに降りかかるのかというと、あなたの自我が、出来事を困難や苦難だと認識しているからだ。

どんなに困難や苦難に思える事であっても、自我がそのように認識しなければ、なんて事ない日常の出来事に成り下がるわけである。

ようするに「ピンチをピンチと思わなければ、それはピンチでは無くなる」という事が言いたいわけだ。

 

しかし、人間には自我がある。

利己的、自己中心的である自我さんは、ちょっと自分に不都合な出来事が起こると、途端に、不安、心配、ストレスといった形で騒ぎ出すのである。

ここで自我に負けてしまうと、鬱になったり、体調を崩したりと、心身に異常をきたす。

 

ではどうすれば自我に負けないのか?

簡単である。

自我と戦わなければいいのである。

困難を乗り越えようとする事は、自我と戦う事であるが、戦えば当然、勝つ事もあれば負ける事もある。

ならば戦わずして勝つのが一番である。

孫子の兵法等でも、敵を倒す事よりも、敵を作るな的な事が書かれているが、戦う敵がいなければ、文字通り「無敵」である。

そして、自我というのは、自分の一部でもある。

そんなものと戦えば、勝っても負けても傷つくのは自分自身である。

だからこそ、尚更、自我とは戦わない方が良い。

 

ではどうすれば戦わずに済むのかというと、自我を捨てれば良い。

既に何度か書いたが、自我とは、言い換えれば「エゴ」であり、利己的、自己中心的な自分の意識の事だ。

それを捨てれば良い。

もう少し分かりやすく説明すると、

ちやほやされたい、よく見られたい、人から認められたい、構って欲しい、といった気持ちを捨て去るという事である。

そして、ちやほやされなくても、よく見られなくても、人から認められなくても、構ってもらえなくても、文句や愚痴を言わず、態度にも出さず「人生なんてそんなもの」と割り切ってしまえば、あなたの心は自我から解放される。

そうなればしめたものである。

つまらない事で心を揺さぶられる事もなくなり、不動心を得ることができる。

そうすれば大抵の出来事は素通りできるし、そんなあなたを見て、周りはあなたに構わずには居られないだろう。

 

私は、一日一食や断食、そして禁欲とミニマリスト生活を数年続けてきたおかげで、ほとんどの欲が無くなってしまったのだが、そうなると生きている意味があまり無くなってしまった。

なので、私自身の最後の砦である自我を捨て去っている最中なのだが、自分の中のエゴを殺せば殺す程、何故か知らないが、人が寄ってくるのである。

効果は私が実証済である。

最近の生活模様と運の良さについて

2月から始まった新しい仕事の研修がやっと終わり、本日から業務がスタートした。

研修期間中は、以前の記事で書いたように、微かな呼吸を心がけ、姿勢を良くする事をずっと意識していた。

そのおかげかは知らないが、研修中は話を聞き流すくらいの気持ちで、まあはっきり言って適当に研修を受けていたにもかかわらず、割と研修内容がしっかりと頭に入っていた。

 

私は何故か研修中、同期の人達に、分からないところを教えて欲しいとせがまれ、頻繁に質問をされていたのであるが、マニュアル等で根拠を示しながら、的確に回答ができた。

 話を聞き流すくらいの気持ちで研修を受けていたのは、決してサボっていたわけではなく、短期間のうちに覚えなければならない事が多かった為、研修中は無理に頭に詰め込まず、実際の業務に移ってから身体で覚えようと考えていた為である。まあ、良く言えば肩の力を抜いていたのだ。

実際のところ、世間ではこういうのをサボっていると言うのかもしれないが、なんでも、ものは言いようである笑

 

振り返ってみると、あまり気張らず、肩の力を抜いて研修を受けていたというのが良かったのかも知れないが、呼吸を穏やかにし、姿勢良く座って研修を受けていた事により、無意識の内に集中力を発揮していたのだと思う。

また、沈黙の行といって、極力こちらから余計な会話をしないようにもしていたのも良かったのかもしれない。

 

業務については、研修も終わったので、今日からいきなり1人でスタートしたのだが、正直なところ、はっきりいって研修を適当に受けていたので、うまく1人でこなせるのか少々不安があったのだが、不安とは裏腹に、割と楽々こなせてしまった。

そんな私を見ていた同期やら、研修の講師がえらく褒めてくれた。

しかし、別に私の能力が高いわけではないのである。

研修中に、同期の人と分からない所を何度も話し合ったりもしたのだが、自分が間違えて解釈をしている部分もあったし、自分の分からないところを同期の人に教えてもらう事も何度あった。

 

私の元々の能力なんて、せいぜい人並みか、下手をすると周りより少し劣っているのではないかと考える事も多々あるのだが、呼吸と姿勢の調整により、本来以上の能力を発揮できているのかもしれない。

そして、日頃から1日一食と断食を繰り返し、極力、食事を慎むようにしている為、私は運も良いと思う。

どんなところに運が良いと感じるかというと、

・悪い事が起こらない。

・人がやたらと話しかけてくれる。

・皆優しい。

・周りが自分の実力以上に過大評価してくれる。

・金銭面では、去年の12月から今年の2月のはじめ頃までは無職であったし、現在もあくせく働いている訳ではないが、お金には困っていない。

ドライブにも頻繁に出かけたり、外食や人付き合いの食事なども結構しているのだが(といっても基本は1日一食、多くても二食、また1週間のうち半分程度は断食をしている)、普通の生活をしつつ、ちょっと贅沢をする程度のお金は常に入ってくるのである。

何故かしらいつも、手持ちのお金がピンチになった時に限って、タイミング良くお金が入ってくるのである。

しかも、現在の仕事は、過去に働いてきた職場の中でも、一番給料が良いかもしれない。

なので、生活やお金に関する不安は一切無い。

 

まあ、異性運については、長い間まともな恋人がいないので、あまり良いとは言えないかもしれない。しかし、現在の職場は、同期が私以外全員女性なのだが、皆さんよく話しかけてくれるし、愛想もかなり良い。

入社当時は、私の他にもう一人男性がいたのだが、残念ながら、研修について来れず辞めてしまったらしい。

若くて可愛い女の子も何人かいるのだが、その人達もよく話しかけてくれるし、色々と気遣いをしてくれるのが凄く嬉しい。

 

私が今まで見てきた可愛い女の子というのは、割とプライドが高そうでツンとした女性が多かったのだが、今回出会った可愛子ちゃん達は、皆フレンドリーに接してくれる。

男として、こういうのはやはり嬉しい。

まあ、職場なので、あくまで仕事の中だけでの付き合いではあるが、愛想の良い、可愛い女性と話していて悪い気はしない。

 このように、私自身の今の生活を振り返ってみても、相当恵まれているとつくづく思う。

 

ちなみに最近の私は、良い姿勢を維持するために、極力、常に肛門を締めるようにしているのであるが、肛門を普段から締めておくと、体内の気が外に漏れず、しっかりと気を保持できるそうだ。

そして、静かで微かな呼吸を心がけると、空気中の気をしっかりと体内に取り込む事ができると言われている。つまり、蓄気ができるわけである。

すると、体内に気がどんどんと溜まっていき、体内から溢れた気は、オーラやバリアとなり、運を呼び込み、良くない現象から身を守ってくれるのである。

補足であるが、上記のように、オーラやバリアを身に纏いたければ、禁欲も同時に行い、無駄に精力を放出してはならないと思う。

特に男性であれば、睾丸には何億という精子がいるわけだが、それらはしっかりと動き回る生命体であり、また、男性の生命の源である。

それをやすやすと放出していたのでは、当然、生命力も弱くなる。

生命力が弱くなれば、身の回りに起こる現象も、生命力が弱まった自分に相応しい現象が起こるようになるのである。

 

私は禁欲を初めてからほぼ3年くらいになる。もちろん何度か女性のお相手をさせてもらった事があるので、丸々3年間、完璧に禁欲をしていたわけではないが、禁欲を始める二十代前半までは、性欲のコントロールができていなかったせいか、ロクな人間ではなかった。

食事に関してもかなりの大食いだったし、車やバイクを次々と乗り換え、結構な額のローンをかかえていた。

それが、禁欲を始めてしばらくすると、食欲もコントロールできるようになり、食欲をコントロールできるようになると、物欲もコントロールできるようになり(というよりは欲が無くなるといった方が正しいかもしれない)、ローンも全て完済し、今となってはミニマリストとして、毎日を気楽に過ごしているわけである。

 

もし、あなたが現在の生活を振り返ってみて、うだつの上がらない人生を送っていると感じているのであれば、上に書いた内容をなんでも良いから試してみて欲しい。

これらの内容は、私自身が人生を変えたくて、散々調べ上げた上で実践している内容であり、私だけでなく、多くの方々が薦めているものである。

呼吸、姿勢、食事の改善

約1週間ぶりのブログ更新である。

最近は、10日前に新しい会社へ入社した為、仕事を覚える事に集中しつつ、Breamsとして、人生を向上させる為に色々と生活習慣を変化させたりしながら、自身の思考や体調の変化を観察していた。

 

ちなみに、Breamsの活動用HPだが、削除してブログ一本でやっていく事にした。

理由としては、HPが無駄であるからに他ならない。

私の活動目的はあくまで、自分自身を含めた、人々がより素敵で最高の人生を送れるように導く事である。

その導き方としては、常に学び続け、良い情報をどんどんとあなた方に提供し続ける事にある。

 

情報提供にはブログがあれば十分である。

 

また、HPの更新とブログ更新の両方をするとなると、やる事が増える分、作業の取っ掛かりが面倒になる。2月から、日中に他の仕事をするようになった事もあり、尚更だ。

なので、思い切ってブログ一本にしたほうが、HPの事を考えずに済み、手軽に記事更新に取り組める。

とまあ、偉そうな口調で記事を書いているが、私自身、今年の1月末に活動を始めたばかりである為、まだまだ生まれたてのひよこみたいなものである。

HPを運営するにしては、人々に提供できるコンテンツが少なすぎるというのが一番の理由である事はここだけの話だ(笑)

 

ところで、ここ10日間で生活習慣を少し変えたのだが、その事を記しておこうと思う。

変化させた事は3つある。

1つ目は呼吸。

2つ目は姿勢。

3つ目は食事。

 

まず、呼吸についてだが、つい先日までは止息法といって、呼吸と呼吸の間に息を止めるという方法を実践していた。

やり方はこうだ。

まず、4秒かけて息を吐き、4秒間息を止める、そして4秒かけて息を吸い、また4秒間息を止める。これをループさせる。一応説明の為に4秒と書いてはいるが、正確な秒数は数えていない。どの動作も、極力長い時間をかけるのが良いとされている。

止息法の説明に関しては、別の記事で書かせてもらうが、この呼吸法は呼吸に割く意識の割合が高い為、仕事に集中していたりすると、いつのまにか止息を忘れてしまう。

なので、仕事をしながらできる呼吸法はないかと調べてみたところ、「微かな呼吸」という言葉が目についた。

どうやら、呼吸を静かにする事により、心を落ち着ける効果があるようだ。

 

止息法というのは、人によっては限界ギリギリまで息を止めようとする。私もそうである。しかし、人が集まるような場所ではオススメできない。

何故なら、息を止めすぎると、苦しくなって呼吸が荒くなるのである。

訓練によって静かな呼吸ができるようになるそうだが、私はまだそんなレベルまで達していない。

そのうえ、現在の私は、新しい会社に入社して間もないので、同期の人達と毎日研修を受けているのであるが、その同期の人達はほぼ全員女性なのである。20人以上いる中で、男性は私の他にもう一人いるだけである。そんな中で止息法をしてしまうと、呼吸が乱れる度に「息が荒い人」であったり「女性に囲まれて興奮している人」に見られ兼ねない。

まあ半分冗談であるが、いずれにせよ、隣の人に怪訝な顔をされる事は目に見えている。

そのような事を考えてみると、止息法は、自宅で行うのが一番だと思う。

寝起きであったり、寝る前であったり、帰宅後等に30分等の時間を決めて意識的に取り組むのが良いだろう。

 

そして、新しく始めた呼吸法である「微かな呼吸」であるが、これが中々良い。

呼吸を静かにする事で雑念が減り、集中力が向上したように思う。

時たま、研修やセミナー等に参加すると、隣や近くに座っている人で、呼吸の音が気になる人はいないだろうか?

鼻息をフンッフンッと鳴らす人や、呼吸の度に鼻がピーピーなるような人である。

本人に悪気はないだろが、当然ながらそのような人に対して抱く印象というものは良くない。どことなく清潔感に欠けるし、あまりいい気分はしないものである。

呼吸を丁寧に、静かにすれば、そのように周りの人々を不快にさせる事もないのである。

人生において、他者の気分を良くする事は成功する為の一つの要素である。大切な事であるが、もっとも大切な事は、他者を不快にさせない事である。

どういう事かというと、清潔感のある人からプレゼントをもらったり、何かを手伝ってもらう等すると、感謝気持ちも沸くし、嬉しく思うものである。

しかし、普段からあまりお風呂に入らず清潔感の無いような人や、いつも声が大きくてやたらとうるさい人からプレゼントを貰って嬉しいだろうか?何かを手伝ってもらって嬉しいだろうか?

お気持ちは嬉しいですが、結構ですと言いたくなるのではないだろうか。

評価のスタート地点がゼロであれば、良いことをすればプラスになるが、スタート地点がマイナスであれば、良いことをしたところでマイナスのままという事は往々にしてある。

むしろ、人によっては更に評価がマイナスになるだろう。

なので、日ごろから極力、他人に不快な思いをさせないようにしなければならない。

 

続いて2つ目の姿勢である。

姿勢というのは人を判断する際に、重要な項目である事はあなたもご納得頂けると思う。

姿勢が悪い人よりも、姿勢の良い人のほうが、知的でスマートに見えるし、佇まいも美しく見えるので、人から好感を持たれやすい。

また、姿勢を良くすることで呼吸が深くなり、思考力、集中力の向上や、血行促進の効果がある。インナーマッスルが鍛えられ、痩身効果もあるとされている。

 

私は、以前から歩く時の姿勢には気を付けていた。背筋を伸ばし颯爽と歩く事を意識していた。しかし、座っている時に、良い姿勢をキープできなかったのである。

なので、今まで机に向かっている最中というのは、背中が丸まり、頭が前に出てるような状態になっていた。

正直言って、自分でも恰好悪いなと思っていた。他人から見ても当然ながら、魅力的ではないだろう。

しかし、人々をより良い人生に導く者として、このような態度ではいけないと思い、改める事にしたのである。

また、現代は自宅や仕事でパソコンを使用する人も多いと思う。そのような人は必然的に机に向かう時間が長くなる。

姿勢が悪いまま長時間椅子に座るとなると、腰痛の原因になる上、身体を歪める原因となる。集中力も長くは続かないだろう。

私も、仕事とプライベート共にパソコンを使用する身である為、他人事ではない。

姿勢を良くする事により、腰痛予防になるし、他人から見ても美しい佇まいになり、魅力が増す。さらに、上にも書いたが、呼吸が深くなり、思考力や集中力の向上、血行促進の効果がある。姿勢を良くすると仕事の質も向上すると言われている。

 

現在、この記事を書いている最中も、姿勢を正す事を意識しているのであるが、普段より集中できていると感じる。文章がスラスラでてくる上、視野が広くなったような感覚があり、集中しやすいのである。

しかし、良い姿勢で座り続けるというのは案外と難しい。数分もすればいつの間にか姿勢が崩れているなんて事はよくある。以前の私もそうだった。

姿勢良く座るには3点程コツがある。

①肛門を締める(ギュっと締めるのではなく、キュっと締めるイメージ)。

②腰を立たせる(上へ持ち上げるイメージ)。

③軽く顎を引く。

いずれの動作も力まない事が肝心である。

力むと時間が経つほど疲れてくる為、次第に姿勢が崩れてしまう。

 

まず、立ったまま肛門を締めてみて欲しい。背筋がシャンとするだろう。

そして、そのまま座ってみよう、すると、自然と腰が立った状態で座る事ができる。

最後に軽く顎を引く事により、頭部の位置が胴体の真上に来る。

頭部が胴体の真上にくると、背中や首周りに負担がかからず、楽に姿勢をキープできる。さらに肩が楽になる事に気が付くかと思う。肩こりの防止にもなるのだ。

ここでアゴを引きすぎると、首の付け根を痛める事になるので注意してほしい。

 

最後に食事についてである。

断食を日頃から実践している私だが、糖質制限というものに出会ってからは、お米や砂糖等を極力避けて生活してきた。

そして、MEC食やケトプロ食というものをしり、肉食中心の生活になっていった。

ネットや本では、肌が綺麗になったり、痩せたり、体臭が無くなったり、元気になったりといった効果が歌われていたのだが、どうやら私には合わなかったようである。

肌はゴワゴワして乾燥気味になり、顔や瞼には脂肪が付き、疲れやすくなった。

体臭も無くなるどころか、自分でも体臭に気が付くほどになった。

汚い話で申し訳ないが、便通も悪くなった上に、便の色も黒く、臭いもキツくなった。

どこからどう見ても体調や身体の状態が良くなったとは思えなかった。

そして、その状態から断食をしてみても、中々肌が綺麗にならない。

次第に嫌になり、前回の記事で書いたようにパンと牛乳程度の粗食をしながら断食をしていたのだが、それでもどことなく身体の調子が良くならない。

 

そこでである。ここ数日は断食を中止し、お米、蕎麦、味噌汁といった和食を意識的に食べていた。すると、すぐに肌にも艶が出てきたし、便通もよくなり、便の色も明るい色になった。トイレに入っても臭くないし、体臭も元通り無くなった。肌の色も若干明るくなってきたように思う。身体も疲れにくくなった。

 

以前7号食に関する記事を書いたが、やはり日本人の身体にはお米が合っているのだと感じる。今まで試した数々の食事法の中でも、7号食が一番効果があった。

そして、今回もお米中心の食事にしたところ、すぐに効果が出てきた。

 

お米は太るとされているが、よくよく調べてみると、どうやら炭水化物(糖質)+油(脂質等含む)の組み合わせが太る原因となっているようである。

パスタやお菓子等も太るとされているが、まさに糖質+油である。

 

しかし、当然ながらお米も必要以上に食べ過ぎればやはり太ると思う。

実際にここ数日でお米を食べ過ぎた翌日は、顔に少々お肉が付いていた。

まあしかし、私は夜まで食事を取らないので、仕事が終わる頃には顔のお肉も取れ、引き締まってくる。

お米を食べ過ぎずに和食中心にすれば、綺麗に痩せる事ができ、肌も綺麗になり、容姿が向上するだろう。

さて、そんなこんなで、食生活改善により、少し身体の調子が良くなってきた為、明日からまた断食を行うつもりだ。

期間は2月24日の金曜日までである。

断食というのは、本断食に入る前にある程度食生活を改善しておく事が大切だとされているが、今回の実験でその大切さを実感する事ができたので、良かったと思う。

ちなみにこの食生活改善期間に、肉食の害についても色々と調べてみたので、その事についても近いうちに記事を書こうと思う。