読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Breams Blog

Dreams Blooms

最近の生活模様と運の良さについて

2月から始まった新しい仕事の研修がやっと終わり、本日から業務がスタートした。

研修期間中は、以前の記事で書いたように、微かな呼吸を心がけ、姿勢を良くする事をずっと意識していた。

そのおかげかは知らないが、研修中は話を聞き流すくらいの気持ちで、まあはっきり言って適当に研修を受けていたにもかかわらず、割と研修内容がしっかりと頭に入っていた。

 

私は何故か研修中、同期の人達に、分からないところを教えて欲しいとせがまれ、頻繁に質問をされていたのであるが、マニュアル等で根拠を示しながら、的確に回答ができた。

 話を聞き流すくらいの気持ちで研修を受けていたのは、決してサボっていたわけではなく、短期間のうちに覚えなければならない事が多かった為、研修中は無理に頭に詰め込まず、実際の業務に移ってから身体で覚えようと考えていた為である。まあ、良く言えば肩の力を抜いていたのだ。

実際のところ、世間ではこういうのをサボっていると言うのかもしれないが、なんでも、ものは言いようである笑

 

振り返ってみると、あまり気張らず、肩の力を抜いて研修を受けていたというのが良かったのかも知れないが、呼吸を穏やかにし、姿勢良く座って研修を受けていた事により、無意識の内に集中力を発揮していたのだと思う。

また、沈黙の行といって、極力こちらから余計な会話をしないようにもしていたのも良かったのかもしれない。

 

業務については、研修も終わったので、今日からいきなり1人でスタートしたのだが、正直なところ、はっきりいって研修を適当に受けていたので、うまく1人でこなせるのか少々不安があったのだが、不安とは裏腹に、割と楽々こなせてしまった。

そんな私を見ていた同期やら、研修の講師がえらく褒めてくれた。

しかし、別に私の能力が高いわけではないのである。

研修中に、同期の人と分からない所を何度も話し合ったりもしたのだが、自分が間違えて解釈をしている部分もあったし、自分の分からないところを同期の人に教えてもらう事も何度あった。

 

私の元々の能力なんて、せいぜい人並みか、下手をすると周りより少し劣っているのではないかと考える事も多々あるのだが、呼吸と姿勢の調整により、本来以上の能力を発揮できているのかもしれない。

そして、日頃から1日一食と断食を繰り返し、極力、食事を慎むようにしている為、私は運も良いと思う。

どんなところに運が良いと感じるかというと、

・悪い事が起こらない。

・人がやたらと話しかけてくれる。

・皆優しい。

・周りが自分の実力以上に過大評価してくれる。

・金銭面では、去年の12月から今年の2月のはじめ頃までは無職であったし、現在もあくせく働いている訳ではないが、お金には困っていない。

ドライブにも頻繁に出かけたり、外食や人付き合いの食事なども結構しているのだが(といっても基本は1日一食、多くても二食、また1週間のうち半分程度は断食をしている)、普通の生活をしつつ、ちょっと贅沢をする程度のお金は常に入ってくるのである。

何故かしらいつも、手持ちのお金がピンチになった時に限って、タイミング良くお金が入ってくるのである。

しかも、現在の仕事は、過去に働いてきた職場の中でも、一番給料が良いかもしれない。

なので、生活やお金に関する不安は一切無い。

 

まあ、異性運については、長い間まともな恋人がいないので、あまり良いとは言えないかもしれない。しかし、現在の職場は、同期が私以外全員女性なのだが、皆さんよく話しかけてくれるし、愛想もかなり良い。

入社当時は、私の他にもう一人男性がいたのだが、残念ながら、研修について来れず辞めてしまったらしい。

若くて可愛い女の子も何人かいるのだが、その人達もよく話しかけてくれるし、色々と気遣いをしてくれるのが凄く嬉しい。

 

私が今まで見てきた可愛い女の子というのは、割とプライドが高そうでツンとした女性が多かったのだが、今回出会った可愛子ちゃん達は、皆フレンドリーに接してくれる。

男として、こういうのはやはり嬉しい。

まあ、職場なので、あくまで仕事の中だけでの付き合いではあるが、愛想の良い、可愛い女性と話していて悪い気はしない。

 このように、私自身の今の生活を振り返ってみても、相当恵まれているとつくづく思う。

 

ちなみに最近の私は、良い姿勢を維持するために、極力、常に肛門を締めるようにしているのであるが、肛門を普段から締めておくと、体内の気が外に漏れず、しっかりと気を保持できるそうだ。

そして、静かで微かな呼吸を心がけると、空気中の気をしっかりと体内に取り込む事ができると言われている。つまり、蓄気ができるわけである。

すると、体内に気がどんどんと溜まっていき、体内から溢れた気は、オーラやバリアとなり、運を呼び込み、良くない現象から身を守ってくれるのである。

補足であるが、上記のように、オーラやバリアを身に纏いたければ、禁欲も同時に行い、無駄に精力を放出してはならないと思う。

特に男性であれば、睾丸には何億という精子がいるわけだが、それらはしっかりと動き回る生命体であり、また、男性の生命の源である。

それをやすやすと放出していたのでは、当然、生命力も弱くなる。

生命力が弱くなれば、身の回りに起こる現象も、生命力が弱まった自分に相応しい現象が起こるようになるのである。

 

私は禁欲を初めてからほぼ3年くらいになる。もちろん何度か女性のお相手をさせてもらった事があるので、丸々3年間、完璧に禁欲をしていたわけではないが、禁欲を始める二十代前半までは、性欲のコントロールができていなかったせいか、ロクな人間ではなかった。

食事に関してもかなりの大食いだったし、車やバイクを次々と乗り換え、結構な額のローンをかかえていた。

それが、禁欲を始めてしばらくすると、食欲もコントロールできるようになり、食欲をコントロールできるようになると、物欲もコントロールできるようになり(というよりは欲が無くなるといった方が正しいかもしれない)、ローンも全て完済し、今となってはミニマリストとして、毎日を気楽に過ごしているわけである。

 

もし、あなたが現在の生活を振り返ってみて、うだつの上がらない人生を送っていると感じているのであれば、上に書いた内容をなんでも良いから試してみて欲しい。

これらの内容は、私自身が人生を変えたくて、散々調べ上げた上で実践している内容であり、私だけでなく、多くの方々が薦めているものである。